魔法① 人気のある記事

2008年9月17日 (水)

「和敬清寂」のこころ。

Cosmos2008

知る前と知った後では、明らかに心に映る風景が違って見える、そんな言葉があります。

何気ない日々の暮らしの中で不意に出逢う、運命的な言葉というものが、きっと誰にでも一つや二つあるのだと思います。

先日、私は偶然に、「和敬清寂(わけいせいじゃく)」という言葉に出逢いました。

これは、千利休が説いた茶道の心得である「四規七則」の「四規」と呼ばれるところの精神で、茶の湯の世界でのモットーのようなものです。お茶の世界のことなんて、まったくの無知な私でありますが・・・

続きを読む "「和敬清寂」のこころ。"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年4月26日 (土)

雨の日の音楽。

Amenohi

雨の日は、キライではありません。 春の雨や、夏の夕立なんかは、好き!といっても過言ではないほど。

春の雨音は、優しさに満ちています。 しとしとと優しい音をたてて包むように降る雨は、生まれたばかりの若葉たちに生きることを教える母のようです。

夏の夕立は、雨あがりのアスファルトの匂いや、潤った夕暮れにこだまする蛙の合唱や蝉時雨の響きが、なんともタマリマセン☆

外に働きに出ていると「晴耕雨読」などと悠長なコトも言ってられませんが、有り難いかな、今はそれができます。

私の好きな言葉のひとつである「晴耕雨読」とは、直訳は「晴れの日は畑を耕し(良く働き)、雨の日は読書する。」という意味ですが、「俗事に左右されることなくゆうゆうと暮す事。」という意味で使います。 私の価値観の根底は、どうやらその辺にあるようで、一生を晴耕雨読に暮せたら、(私にとっては)そんな素晴らしい人生はない!と思うくらいです。

話が少し逸れましたが、そんな「雨の日」に聴きたい音楽の話です。

私が雨の日に聞く音楽には、ひとつふたつの共通点があるようです。

まず一つ目は・・・

続きを読む "雨の日の音楽。"

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007年11月17日 (土)

ヴィーニャ・カロッサなら、年中解禁!

巷では、(すでに季語と化してしまった)毎年恒例の「ボジョレー・ヌーヴォー解禁!」なんていって、スーパーとかでもチーズコーナーが特設されていたり・・・と、楽しげに囃したてられていますが。

Vinacarossaそれを横目に・・・私は相変わらず、いつものワインです。(新鮮なボジョレーも、爽やかで美味しいと思いますが、いまひとつパンチが足りなくて‘ワイン’を飲んだ気がしないのですが・・・私だけ?)

ブログのタイトルに「葡萄酒と、」なんて名付けたのに、今まで一度もワインのお話をしてない事に気づきました。 よって、新カテゴリー「魔法⑰葡萄酒」の登場です。気軽に楽しめる(私好みの)テーブル・ワインを、時々ご紹介して参りたいと思います☆ (※ちなみに、「バラ色」については、随分昔に語った事があります。)

トップバッターは、私がほぼ毎日飲んでいる、スペインはバルセロナ生まれの赤ワイン、“Vina Carossa〈TINTO〉(ヴィーニャ・カロッサ・ティント)”です。輸入元は、‘リョーショクリカー’と書いてます。

お値段は、近所のスーパーで、なんと498円♪

続きを読む "ヴィーニャ・カロッサなら、年中解禁!"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年11月10日 (土)

気品のススメ。~すべて失っても、幸せに生きる事のできる術~

最近、「心底うれしい!!」と思える事が、いくつかあったのですが・・・その中のひとつ。

なんと・・・友人に、「気品がある。」と言われたのです!! 私はその言葉にとても驚き、そしてその驚きは、やがて・・・努力の成果がほんの少しづつ表れ始めたんだ・・・という、心底うれしい実感へと変わっていったのです。

というのも、二年と数ヶ月前に出逢った、私にとっては聖書のような存在の、この本のおかげです。

気品のルール (お嬢さま講座シリーズ特別編集) (お嬢さま講座シリーズ特別編集) *加藤ゑみ子・著 「気品のルール」 *

続きを読む "気品のススメ。~すべて失っても、幸せに生きる事のできる術~"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年11月 6日 (火)

禁煙の秘策 ~ストレス・フリーで成功する為に。~〈後編〉

Lovelovelove

☆一時は、かなりのヘビースモーカーだった私が、“我慢”をせずに、禁煙に成功した方法とは・・・? 〈前編〉より ☆

さて、いきなり本題に入ります。

一つ目は、“何の為にやめるのか?”という、禁煙の目的をはっきりさせるコトです。ただ何となく「体にわるいんだろうなぁ・・・やめよかな・・・」じゃ、多分長続きしないと思うんです。私の場合は、二度目にチャレンジした今回の禁煙では、“自分を甘やかすのをやめて、もっともっと自分を向上させたい!”という目的がありました。

けれど、ハッキリとした目的があったところで、そこへ向かって行く道のりは、きっと険しいモノになるでしょう・・・。だって今までずっと、“煙草”という相棒と片時も離れるコトなく、苦楽を共にして来たのです。それが、禁煙したその日から、あなたは「自分の意思の強さ」 だけを頼りに、本当に独りで前へ進んで行かなければならないのですから。ある意味“禁煙”は、“自分との闘い”の訓練になるかもしれません。そう思うと、喫煙経験のない人にはない、有難いチャンス?に恵まれているわけです・・・(笑)

でも・・・そんな辛いコトは出来るだけしたくないのが人情ってモノです。そこで、二つ目!

続きを読む "禁煙の秘策 ~ストレス・フリーで成功する為に。~〈後編〉"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年11月 4日 (日)

禁煙の秘策~ストレス・フリーで成功する為に。~〈前編〉

Rovanoie_2明日は、私のとある記念日です☆

10年間吸い続けていた煙草を完全にやめてから、丸一年たったのです。(^-^)v

過去にも禁煙にチャレンジした事がありましたが、その時は五ヵ月目で挫折。お酒の席で気が緩んで誘惑に負けてしまったのです…。
何を吸っていたかと言うと、ノーマルのマルボロ。赤いやつです。しかも一番ヘビーだった時は、なんと二箱吸ってました…。こんな女は、さすがの私も、自分でドン引きです(汗)

何故やめようと思ったかと言うと…、健康の為とかじゃなくて、時間がもったいない!と思ったのと、自分を甘やかしているような気がしたからです。
感情のコントロールを、いつまでも“煙草”に任せているなんて、ちょっと情けないな…と思うようになったのです。

続きを読む "禁煙の秘策~ストレス・フリーで成功する為に。~〈前編〉"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月 3日 (土)

森へ。~エコって楽しい♪♪~〈後編〉

Mori01 どんぐり銀行に‘貯どんぐり’する為に、近所の森へ出かけ、時折どんぐり攻撃を受けながらも、大きいどんぐりを夢中になって沢山集めた私たち達ですが・・・(前編より)

Mori05拾っても拾っても、落ちているどんぐりが無くなるコトはなく・・・、しまいには「こんなに拾って、逆に自然を破壊してないか??」という疑問に見舞われる始末(汗)・・・気づいたら、もう一時間も拾っていたので「そろそろやめよっか。」と、どんぐり狩りは終了。

あまりの居心地のよさに名残惜しさを覚えつつ、

森を後にしようとした時。

ふと、誰かの視線を感じたので振り返ると、そこには、なんだか少し奇妙で可愛い‘森の住人’が、私たちの事を笑顔で(たぶん笑顔で)見ていたのです。

続きを読む "森へ。~エコって楽しい♪♪~〈後編〉"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年11月 1日 (木)

森へ。~エコって楽しい♪♪~〈前編〉

Mori01『森へ・・・。

僕らの魂は 黙ったまんま

いつしか、自然に

森へ向かって 歩いていた。』

(2006年 『森へ。』)

これは、自分でお気に入りの詩の一部ですが、今日は‘詩’じゃなくて、楽しいエコ活動のお話です。

先日、ストーブの記事のコメント欄でサチさんが紹介してくれた、楽しいエコ活動『どんぐり銀行』に、貯金ならぬ‘貯どんぐり’をする為に、主人と二人で近くの森へ行ってきました。 (どんぐり銀行の詳細はHPをご覧下さい♪)

続きを読む "森へ。~エコって楽しい♪♪~〈前編〉"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年8月22日 (水)

バルセロナの、素敵な観光ガイドさん☆

0216_cadaques_082005年2月15日~2月23日、2年遅れの新婚(?)旅行で、スペインのカタルーニャ地方(主にバルセロナ)へ行きました。初めての海外旅行でした。
その頃、主人は「飛行機なんて乗りたくない!海外なんて行かなくてもいい!!」と言っている人だったので、(これが最初で最後の海外旅行になる恐れもあったたので)念の為、私の一番行きたい場所を選びました。フランスと、どっちか迷ったけど、前世がフランス人だった気がしている私なので(笑)、フランスはまぁ後回しでもいいか…と思って、スペインに決めました。

何故スペインだったか?と言うと、ガウディや、ダリ、ミロなどが大好きで、スペイン人の芸術家にすごく共感するところがあるので、きっと私もスペインが好きだろう・・と思ったからです!(私は芸術家ではありませんが。)バルセロナの街に点在するガウディの建築(サグラダ・ファミリア、カサ・ミラ、カサ・バトリョ、グエル公園など)をできるだけ沢山見たかったし、フィゲラスのダリ美術館にも、カダケスのダリの卵の家にも絶対行きたかったし、ミロの美術館にも・・・。

でも、そんな私の欲求を満たしてくれるツアーなんぞ、存在するわけもなく、だからと言って、初海外で個人旅行なんて勇気は無かったし・・・、泣く泣くツアーに参加するのか?!イヤイヤ!そんなんしたら絶対後悔するで!!でもなぁ・・・どうしよう・・・と、かなり悩んでいました。 

そんな時、Netで、バルセロナに住んでいる観光ガイドさんのホームページを見つけたのです。

続きを読む "バルセロナの、素敵な観光ガイドさん☆"

| | コメント (2) | トラックバック (0)