魔法③ Music

2009年12月30日 (水)

Je Suis Comme Je Suis 。 ~私は私、このまんまなの。~

Grecoついに、ジェントレコ(こと夕湖)のメインブログを引っ越しました。

http://gentle-co.cocolog-nifty.com/blog/

ブックマークの追加よろしくお願い致します

約二年半、きまぐれに、しかし熱く綴ってきた「バラ色の空と葡萄酒と、」・・・

続きを読む "Je Suis Comme Je Suis 。 ~私は私、このまんまなの。~"

| | コメント (0)

2009年7月22日 (水)

simple。

Dscn1231a

部分日食、裸眼で目視、成功いたしましたっ

(注意:よい子は決してマネをしないで下さい。)

続きを読む "simple。"

| | コメント (0)

2009年1月28日 (水)

ビワマニア。

ビワマニア☆
本日、快晴
友人の結婚お祝い等を探すのをイイワケに、大津方面へ。久々に一人で湖岸ドライブしてきました

冬特有のペールブルーってな感じの色の空と、遠くの山並みの淡い青のグラデーション。
車窓の外に次々と現れては消えてゆくの湖辺の木立ちの隙間から覗く、キラキラと西日を弾くエメラルドグリーンの水面 行ったこともないのに、なんだか北欧の景色みたいだなぁ…と酔いしいれる、呑んでもないのに酔っ払い運転の私。

BGMは、本日発売の吉井和哉さんの新譜「ビルマニア
とっても気持ちのイイ曲で、気分はどんどん有頂天 でかした、吉井君!

ところで、こないだ友達に突然チケットを頂いて・・・

続きを読む "ビワマニア。"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月 7日 (金)

今宵、30年前の遠国にて。

Agatalive01

なにを今更・・・って貴方はおっしゃるかしら?

10年前からCDを何枚か持っていたにもかかわらず、今ようやく「あがた森魚」さんの虜です。キッカケは、先日の神戸(STUDIO Q2)でのライブ(←当日のブログあり☆)です。

昔、ドラえもんが出ていた「日産ラシーン」のCMに使われていた曲「キットキット!!遠く遠く!!」に妙に惹かれて、あがたさんの存在を知り、その後、あがたさん監督の映画「オートバイ少女」に出逢い、自分の心の故郷ではないか??と思われるくらい、私のノスタルジーの壺にすっぽりはまってしまった映画だったので、DVDも買って何度も観ました。

でも何故か今まで、音楽の方はあまり聴く事がありませんでした。けど・・・

続きを読む "今宵、30年前の遠国にて。"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年10月15日 (水)

BEST OF MY CLOUDY YEARS ~Yoshii Kazuya 2003-2007~

Autumn_cloudy_twilight

  1. TALI
  2. スティルアライヴ
  3. SIDE BY SIDE
  4. SWEET CANDY RAIN
  5. BLOWN UP CHILDREN
  6. CALL ME
  7. just a little day
  8. NATURALLY
  9. トブヨウニ(Album Ver.)
  10. WHAT TIME
  11. Beautiful
  12. MY FOOLISH HEART
  13. I WANT YOU I NEED YOU
  14. BELIEVE
  15. シュレッダー
  16. Winner(Album Ver.)
  17. 雨雲

                       (Total Time : 80min+14sec)

ふと気付くと、毎年秋に、誰かしら(何かしら)のベストアルバムを作っていました。しかも忙しくて疲れてる時に限って、無性に「ベストアルバム作りたい衝動」に駆られるのはナゼでしょう??

続きを読む "BEST OF MY CLOUDY YEARS ~Yoshii Kazuya 2003-2007~"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月21日 (日)

飛んできた7頭の蝶たち。

Lucy2008_00_2

今年も、ルーシーの季節がやってまいりました。(advantage Lucyの音楽は、9月~11月と3月が似合う!と勝手に思っているので。)

待ちに待っていた3年ぶりのNew(ミニ)アルバム『飛び立った7頭の蝶たち』も、早速Amazonから(笑)飛んで来てくれたことだし、今日は一年ぶりに ルーシーのお話です。(去年は、私が個人的に編集したベスト盤『“cosmos” / advantage Lucy (for autumn)』のお話をしました。こちらも是非読んでみてください♪)

「エバーグリーン」等と評されることの多いルーシーの音楽は、爽やかでどこか物憂げな秋風のよう。ただでさえ胸がキュン(←他にピタッとくる言い回しが見当たらないので・・・となる曲が多いのに・・・

続きを読む "飛んできた7頭の蝶たち。"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年8月22日 (金)

晩夏に聴く曲。

Edamamekaeru

突然涼しくなりました。今年の夏は、そろそろ終わるのでしょうか?

嬉しいやら、寂しいやら・・・。稲穂も垂れて、ツクツクボウシだけでなく、夕暮れ時にもなると、はやくも鈴虫が啼いています。

Muraji最近のヘビーローテーションは、村治佳織さんの「Transformations」。

ビートルズe.t.c.、様々な名曲が、村治さんの奇才なるギター・センスで、まるでスペインはアンダルシア地方の音楽のような(←あくまで私の独りよがりなイメージ)、心地よく懐かしい音色の風景に変身(トランスフォーメーション)しています。晩夏の風情を、さらに深めてくれるような・・・今の気分にぴったりの一枚です。

それから、もう一枚よく聴くのは・・・

続きを読む "晩夏に聴く曲。"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年7月14日 (月)

朝に効く音楽。~(後編)World Wide な感じで、~

Asanikiku00

朝に聴きたい音楽だって、もちろん四季折々ございます。 

夏野菜には体を冷やす作用があるのと同じように、南国の音楽にも体を冷やす作用(寒い国の音楽にはその逆の作用)があるのではないか・・・?と前から思っていましたが、最近ますます確信をもってそう感じています。

春~夏にかけてよく聴くジャンルは、ボサノヴァ、レゲエ(主にロックステディ)、フラメンコギター、沖縄の民謡など。秋~冬にかけては、クラシックやシャンソンなどなど。ジャズはなかなか間口が広うございまして・・・冬にしか聴かないモノやら、夏の夜、夕方、雨の日限定・・・など色々で、その都度のシチュエーションや気分にあった音楽を見つけるのが楽しくて・・・まだまだ(ジャズ探しの)旅は始まったばかりです。

こないだ面白かった(ある場面とジャズの)組合せは・・・ある日の夕方、母屋で父が読書をしている姿を目撃した時のことです。

夕立の過ぎたあと、北西の窓辺のレースのカーテンは、オレンジ色に染まりながら雨あがりの清々しい夕風に揺れています。なかなか風情ある管楽器系のジャズを小さい音で聴きながら、父が座敷に寝転んで読書をしているのです。ここまでなら、かなりムーディーなお話ですが・・・

続きを読む "朝に効く音楽。~(後編)World Wide な感じで、~"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年7月 2日 (水)

朝に効く音楽。~(前編)ソフト・ロックな感じで、~

Asa00

少し前に綴った記事(雨の日の音楽。 )が、なかなか好評だったのが嬉しくて・・・今回は、『朝に聴く(効く)音楽』の特集です♪

CDとLPを机にならべて、どうやって朝の雰囲気を演出しようか・・・とデジカメ片手に悩んでいたところ、不意に現れた(猫の)ひめちゃんが、何気なくソファにごろん。

「おおっ!朝っぽい!!」 ・・・天才猫モデルの誕生です(笑)

なかなかの低血圧っぷりの私は、朝は音楽がないと動けません。先日の健康診断で測った血圧も、(Low)55~(High)95。しかも2回測定した値の平均値を出す・・・という測定方法だったのですが、2回とも全く同じ数字が出た為、「こんなことは滅多にありません」と、測定する係りの方が驚いておられました。。。

さてさて、本題に戻りましょう

朝に聴く音楽の条件。それは・・・

続きを読む "朝に効く音楽。~(前編)ソフト・ロックな感じで、~"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年4月26日 (土)

雨の日の音楽。

Amenohi

雨の日は、キライではありません。 春の雨や、夏の夕立なんかは、好き!といっても過言ではないほど。

春の雨音は、優しさに満ちています。 しとしとと優しい音をたてて包むように降る雨は、生まれたばかりの若葉たちに生きることを教える母のようです。

夏の夕立は、雨あがりのアスファルトの匂いや、潤った夕暮れにこだまする蛙の合唱や蝉時雨の響きが、なんともタマリマセン☆

外に働きに出ていると「晴耕雨読」などと悠長なコトも言ってられませんが、有り難いかな、今はそれができます。

私の好きな言葉のひとつである「晴耕雨読」とは、直訳は「晴れの日は畑を耕し(良く働き)、雨の日は読書する。」という意味ですが、「俗事に左右されることなくゆうゆうと暮す事。」という意味で使います。 私の価値観の根底は、どうやらその辺にあるようで、一生を晴耕雨読に暮せたら、(私にとっては)そんな素晴らしい人生はない!と思うくらいです。

話が少し逸れましたが、そんな「雨の日」に聴きたい音楽の話です。

私が雨の日に聞く音楽には、ひとつふたつの共通点があるようです。

まず一つ目は・・・

続きを読む "雨の日の音楽。"

| | コメント (6) | トラックバック (0)